不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金

ハイリスクな不労所得

住宅

将来のための不動産投資として、マンションやアパートを購入する投資家がいます。そもそも、マンションとアパートの違いが何かと聞かれると具体的に説明できる方は少ないかと思います。簡単にいうと構造に違いがあります。アパートの構造は木造のものや軽金属で作られています。一方、マンションの場合は鉄筋やコンクリートなどで作られ、強度がつくりで耐震や火災などの被害を最小限に抑えることができるつくりとなっています。
そんなアパートを経営してみようという投資家もいます。経営をするプランが数多くあるため、経営が難しい考える人もいれば、そうでもないと考える人もいるようです。また、用意できる資金によっては1棟のみならず、複数棟のアパート購入をして数億円の収入を得ている人もいるようです。それに対して、マンション経営というのもあります。マンション経営は最近「ワンルームマンション投資」が人気を博しています。マンションはアパートよりも大きく、経営する場合には1棟ではなく1部屋単位で購入して運用することが基本と言われています。1部屋単位であれば、自分が必要な部屋を購入して経営することができるので、自由度が高く不要な部屋の分の支払いがないというメリットがあります。しかし、それぞれの経営方法にはメリット・デメリットがあります。アパート経営であれば1棟単位での購入をするために多額の維持費が必要となります。しかし、1棟であるため1つの部屋が空室になっても他の部屋から収入が得られるので収入がないというリスクがありません。アパート経営の場合は必要分の部屋のみを購入するので、投資額が大きくなりすぎることはありませんが、逆にそこが空室になってしまうと収入が発生しないというリスクがあります。それぞれ、収入の得方に違いがあり、必要予算も違います。それぞれのリスクを考えて購入するようにしましょう。

Copyright © 2016 不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金 All Rights Reserved.