不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金

家賃の代理保証サービス

紙幣

大家は不労取得を得るために、不動産購入をする方が数多くいます。入居者が決まり、その後、もし賃貸人が万が一家賃を払えない場合の保証として、家賃保証会社に契約をさせる不動産もあるようです。しかし、大家さんと家賃保証会社との間では、免責期間がたびたびトラブルにつながることがあるようです。免責期間とは、家賃保証会社が代理で支払いをするまでに必要な空白の期間であるため、家賃滞納があるとその間は大家に収入が入らないということになってしまいます。その免責期間は約60日から最大約180といった長期間の設定をしているところもあります。しかし、こういった免責期間は契約書などにも記載がありますが、それを確認せずに契約を行ない、後からトラブルに発展するということがあるので契約書などの内容は良く読み、理解したうえでサインすることを心がけましょう。

家賃保証会社を利用すると、いくつかのメリットがあります。1つは家賃滞納の際に立て替え払いを行なってくれるので、安定して収入が得られます。また、賃貸人は連帯保証人が不要になるというメリットがあります。その連帯保障額は会社によってそれぞれ違いがあり、家賃の金額の3割から7割という割合で料金が決まるところもあれば、固定額で支払うところもあります。そのため、全額が大家の元に還ってくるわけではありません。不動産購入は立派な固定資産にあたりますが、それを運用していくうえで必要になってくるそれぞれの意味合いの違う料金を覚えておくことが必要です。

Copyright © 2016 不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金 All Rights Reserved.