不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金

家賃の代理保証サービス

紙幣

家賃保証は賃貸人の支払いが万が一なかった場合に代理で支払いを行なってくれるため、その間も大家さんの収入がストップすることもありません。しかし、それには免責期間が設けられているので家賃滞納から支払いになるまで時間がかかることもあります。

More Detail

不動産投資で安定した収入

外観

将来不労所得を得たいと考えている人の中には、不動産投資を行なう人もいます。不動産投資は、予算によってもその規模は違いますが、一棟丸ごと購入する方もいます。しかし、購入したからと言っても必ずしもプラスになるとは限りません。購入するマンションの築年数や場所、間取りなどによって入居者が集まるかどうかが変わります。もちろん、管理会社でプロモーション活動を行なってもらうこともそうですが、入居するかどうかを決めるのはやはりマンションやアパートそのものがよいかどうかです。そのため、一棟買いをしたとしても、儲からないというリスクがあるということを理解しておかなければなりません。また、そこからどれほど収益が出るのかという利回りも計算して購入する必要があります。築年数が割りと新しめのものでは4%から5%ほどと言われています。
不動産投資として、一棟買いしたときには、物件以外にもたくさんの費用と必要とします。仲介手数料や売買契約印紙代、土地不動産取得税など種類は様々で、物件以外にも必要な予算があるので余裕のある不動産購入をしましょう。また、購入は必ずしも現金一括払いというわけではなく、ローンでの購入も可能です。しかし、ローンを組んだ場合には他にも手数料などが複数かかってくるので必要な手数料などは全て把握して判断するようにしましょう。不動産投資といっても簡単ではありません。投資に必要な予算や知識、リスクを把握して購入するかどうかを決める必要があります。

ハイリスクな不労所得

住宅

多くの投資額を必要とするマンション経営は、ハイリスクでありながら成功するとその利回りだけで生活することができるメリットがあります。しかし、それを実現するためには多くの知識を身につけることが必要です。

More Detail

快適な民泊施設の用意

男女

多くの外国人が来日すると予測されている2020年に向け、今airbnb代行会社が急激に増えています。主な理由としては、民泊施設を使ったビジネスが目的で外国人の対応や施設のプロモーション活動なども代行するといった会社が数多くあります。

More Detail

Copyright © 2016 不動産投資で老後も安泰|一棟買いにかかる料金 All Rights Reserved.